Everything Sucks

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊本/熊本県立装飾古墳館

<<   作成日時 : 2013/04/29 23:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

4月27〜29日まで、熊本と長崎に行ってきた。


1日目は熊本空港→熊本県立装飾古墳館→フェリーに乗って島原へ→雲仙のコース。


装飾古墳館は、これまた安藤さんの建築です。


行ってみて思った。
熊本、広いぜ!!!

車ないとまともに観光できまへん。
こういう時、運転できればいいのにと思う。


普段運転まったくしないので、今回も公共交通機関を利用しての移動。


空港から古墳館までが、遠い遠い。


空港到着が9時半。
いつも休日は昼まで寝てる私としては、ありえない早朝行動です。


とりあえず、リムジンバスに乗って熊本交通センターまで行きます。


10時半すぎ、交通センターでバスを乗り換え、山鹿バスセンターを目指します。


12時過ぎに、山鹿バスセンター到着。
画像
↑のどかな光景が広がっています。ここも日本。スカイツリーとか「うめきた」だけが日本じゃない。


観光地だったらあるかも?と、期待していたレンタサイクルはなく・・・なすすべなく40分ほど次のバスを待ちます。


お昼過ぎてここまで、バスに乗るか待つかの2種類の行動しか取っていません。
さてさて、午後1発目のバスに乗り山鹿バスセンターから15分ほど、「県立装飾古墳入口」というバス停で降ります。


画像
↑バス停。まじで、古墳以外に何もなさそうな気配がぷんぷん。


画像

画像
↑バス停から古墳館までは15分ほど歩きます。
何度でも言いますが、のどかな田園風景です。田んぼか畑しかない。古墳館まで、人とすれ違ってないかも・・・。


道があってるのか少し不安になりながらも進んでいくと・・・
画像

画像
↑おお、土偶が見えてきたー!

画像
↑やっと、目的地に到着。空港到着からなんと4時間!熊本の広さを感じた瞬間でした。

画像
↑もはや驚きませんが、安藤忠雄建築にありがちな、ちょっと変わった形をしています。

画像
↑横から見た古墳館。大阪の近つ飛鳥博物館と似てますネ。あの階段を上ると・・・

画像
↑奥に見えるのが「展望所」です。

画像
画像
↑展望所からの眺め。古墳群がチラホラ見えます。

画像
画像
画像
↑あとで気づいたんですけど、この古墳館、前方後円墳みたいな形になってるんです。これが上部の丸い部分。古墳館の近くにある「岩原双子塚古墳(いわばるふたごづかこふん)」が前方後円墳だからだと思われます。


中の展示は至って普通で。
装飾古墳=古墳内部の壁や石棺に装飾がほどこされた古墳、らしいです。
有名なのだと、高松塚古墳の女性の絵とか。

画像
↑これ、すごいです。日本全土にある装飾古墳のうち、半分が九州にあり、その半分が熊本にあることになります。

画像
↑土偶さんと古墳館。のどかです。いい天気です。


さて、ここは熊本。
古墳館に1時過ぎに着いて2時20分のバスに乗らないと、今日の宿にたどりつけません。
ここで野宿はきついネ・・・

ということで、猛ダッシュで古墳館を去ります。
と思ったら・・・
画像
↑おや、古代の森遊具って・・・なんだろう???

画像
↑うわー、楽しそう!「古代夢のかけ橋」って、ネーミングセンスも良い。橋の向こうには、いたって普通なジャングルジムがありました。

画像
↑レストハウス、的な建物。ご飯食べるところですけど、時間なくって退散。



無事にバスに乗り、JR玉名駅へ。



画像
↑なぜか駅前に鐘が・・・。調べてみたら、大きさ重さが世界一の大梵鐘がここ熊本の蓮華院誕生寺奥之院にあるらしい。なるほどね〜。




夕方、熊本駅→タクシーで熊本港→フェリーで島原港→ホテルの方に迎えにきていただき雲仙泊。

画像
↑島原外港からの夕日。雲仙の山並みと夕日が絶妙です。



ホテルの方のご好意で、フェリーに乗り遅れて大幅に到着時間の遅くなる私を港まで迎えにきてくれることに。
めっちゃ助かりました、どうもありがとうございます。



贅沢すぎるご飯をいただき、サイコーな露天風呂を堪能し、就寝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
熊本/熊本県立装飾古墳館 Everything Sucks/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる