Everything Sucks

アクセスカウンタ

zoom RSS カンボジアのキリングフィールド、トゥールスレン博物館を訪ねて

<<   作成日時 : 2013/08/18 17:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

7/25-29まで、カンボジアのプノンペンとシェムリアップに行ってきた。


ほんとはもっとゆっくりしかたったけど、会社の夏休みが土日いれて5日間っていう短さ。
私はアンコール遺跡よりもプノンペンの内戦の跡地に行きたかったので、今回もツアーではなく全部自分で手配することにした。
プノンペン1泊、シェムリアップ2泊、機内1泊の弾丸旅行。


ホーチミン経由でプノンペンに到着。
画像
↑空港から街までは、トゥクトゥクという、バイクのうしろに座席のついた乗り物で移動。

画像
↑カンボジアの交通ルールはかなりテキトーなため、観光客が同じ道路を運転するのはかなり危険。平気で道の真ん中でUターンとかします(恐怖


荒っぽい運転にかなり驚きましたが、なんとか無事にホテルに到着。
いつもどおり、ホテルのまわりを徒歩で散策することに。

画像
↑おしゃれなパン屋さん発見!

画像
↑中もオシャレ!そして、もともとフランス領だったからか、パンが激うまです。

画像
↑スーパーにて。われらがキッコーマン参上!

画像
↑翌朝、ホテル屋上からの眺め。


ホテルの人に「キリングフィールドとS21に行きたいけどいくらかかるか?」と聞いたところ、空港までの送迎もいれて35ドルとのこと。
昨日、空港からホテルまで乗せてくれたドライバー(の知り合い)が迎えにきてくれたので聞いてみると、同じ35ドルだというので、それで行ってもらうことにした。

まずはチュンエク村にあるキリングフィールドへ。
カンボジア全土には300ものキリングフィールド(処刑場)があり、代表的なものがチュンエク村にあります。
画像
↑こんな未舗装の道もずんずん進みます。途中、あまりに砂埃がひどく、ドライバーがマスクを買ってくれました。


プノンペンの中心部からチュンエクまではトゥクトゥクでだいたい50分くらい。結構遠い。
風景もだいぶ片田舎になってきたところで、到着。

画像
↑キリングフィールドの入口。

画像
↑入場料は6ドル。このようなオーディオセットを借り、説明を聞きながら個人で敷地内をまわれるようになっています。もちろん日本語もあります。

画像
↑正面にたつ慰霊塔。

画像
↑このような説明がかかれた看板がたくさんたっています。むしろ、それ以外に建物はほとんどなく、理由としてはクメールルージュの撤退後、怒ったカンボジア人たちが使えるものをすべて持っていってしまったからだそうです。

画像


画像
↑砂糖ヤシ。トゲトゲしている部分で、にわとりのノドを切っていたそうです。ここが虐殺場となったときには、人のノドを切っていたとか。

画像


画像
↑大量に人の遺体が見つかった場所にはこのような屋根をたてています。

画像
↑ここで見つかった遺体の衣服のきれ、だそうです。

画像
↑通称「キリングツリー」。銃弾を買うお金がなかったクメールルージュは、この木の幹に子供の頭を打ちつけて殺害していたそうです。今はミサンガのようなものが無数に供えられています。

画像

画像
↑こちらはマジックツリー。この木にスピーカーを設置し、大音量で音楽を流すことで処刑時の叫び声をかきけしていたそうです。

画像
↑ここで見つかった骨。

画像
↑慰霊塔の中には、靴と帽子をぬいで入ります。無数の骸骨に敬意を払いながら。

画像

画像





およそ1時間程度の時間でしたが、非常に長く感じられた。




街の方へ戻り、トゥールスレン・ジェノサイド・ミュージアムへ。
画像
↑もともとここは学校だったらしい。

ここで激しい尋問、拷問ののち、さきほどのキリングフィールドへ運ばれていったそう。
その拷問器具や、拷問のときの様子を絵にしたパネル、被害者のパネル、人々をくくりつけた鉄製のベッドなどが生々しく展示されていた。

画像

画像

画像


画像

画像

画像

画像

画像

画像






言葉にするのが難しい場所だった。
看守側の人も、一体どんな気持ちだったんだろう。途中で「違う」って誰か言えなかったのかな。



これがたった30年、40年前の出来事。
同じようなことがルワンダでも旧ユーゴでもシリアでも起きてる。
そういったむごいことをするのも人間、止めるのも人間しかいないって、アウシュヴィッツで買ったガイドブックに書いてあったことを思い出してた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カンボジアのキリングフィールド、トゥールスレン博物館を訪ねて Everything Sucks/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる